◆ 医学生ポートフォリオ   

 自分を成長させるためにポートフォリオが役立ちます。また自分の個性や適性を見出すためにもとても有効です。と同時に他者へ自分の考えを伝えたり自己プレゼンテーションするときなどにも有効です。特にコミュニケーション力や課題解決力、対応力などモノサシで計れない能力、感性を(自己・他者)評価する時にポートフォリオは役立ちます。もちろん自分の進路を考え医師としての適性を判断したり示したりするためにも役立ちます。

 
医学生ポートフォリオに入れるもの
□ 自分の研究記録
□ 発表論文・寄稿
□ 実習体験
□ 自己評価表
□ 身につけた手法や技術を書き出したもの
□ 自己研鑽歴がわかるもの
□ 研修中の有効な経験
□ 自分なりの効果的な勉強ルール
□ 資格一覧(受賞・推薦文)
□ スキルや知識や経験を証明するもの…etc

研 究
 ◇ 研究テーマ、その理由
 ◇ コンセプト
 ◇ 計画表
 ◇ 情報メモ ・写真 ・スケッチ
 ◇ インタビュー・取材メモ
 ◇ 感想、考察
 ◇ 途中メモ 
 ◇ 学習の成果
 ◇ 自己評価   ...etc


個 人
 ◇ 得意や強みや持ち味を書き出した紙
 ◇ 自分のいいところを自分で書いた紙 (友達、先生、からも書いてもらう)
 ◇ 力量やセンスや個性が伝わるもの
 ◇ 論文、新聞、雑誌への寄稿
 ◇ 社会貢献活動歴、内容が分かるもの


 
ポートフォリオの可能性や再構築に関しては「研修医ポートフォリオ」参照。